布ナプキン使用にあたっての、一般的な注意点と
momoなぷ特有の注意点などをご紹介いたします。
 
momoなぷご使用前の注意点

momoなぷの肌面と吸収体に使用しているフランネルは、無漂白無蛍光の生地を使用しております。
その為、天然の油分が含まれておりますので、そのままですと水をはじいてしまいます。
〜油分を取り除くため、石けんで1〜2度洗ってからご使用ください〜
また、無漂白のフランネル生地には、“そばかす”と呼ばれる黒い斑点のようなものがありますが、
これは汚れではなく、綿花のかすですので無害です。お洗濯を繰り返すと無くなってきます。


 
☆お洗濯の注意点

塩素系漂白剤を使いますと、生地が傷む恐れがありますのでおやめ下さい。
防水布入りは熱に弱いので乾燥機やアイロンのご使用もおやめください。
どうしても漂白したい場合は「酸素系漂白剤」をお勧めします。

柔軟剤のご使用は、布ナプキンの表面に膜を張ることで吸水性が悪くなる恐れがありますので
お勧めいたしません。
どうしてもという場合は、吸収性が悪くなることをご承知の上でご使用下さいませ。

布ナプキンのお洗濯で有名なのがアルカリウォッシュです。
経血をとても良く落としてくれるアルカリウォッシュですが、殺菌効果は望めませんので
浸け置き後に石けんなどでしっかり洗うことを強くお勧めいたします。
また、アルカリウォッシュは溶液が濃すぎると生地が硬くなりがちですのでお気をつけ下さい。


煮洗いについて

「防水布入りの布ナプキン」高温に弱いので煮洗い禁止です。
(一体型布ナプキン、ホルダータイプ布ナプキンなど)

プレーンタイプやパッドタイプなど、防水布を使っていない布ナプキンの
頑固なシミ落としに、煮洗いは大変有効です。
ただ、高温で煮て汚れを落とすことから、柄物は色落ちの可能性も高くなります。
煮洗いをする場合は色移りを避けるため、『単独』で洗うことをお勧めいたします。

 
*煮洗いの方法*

【用意するもの】 ※お鍋については、煮洗い専用のものをご用意することをお勧めいたします。


 
粉石けん                酸素系漂白剤
 


【注意点】
  • 色落ちしそうなものは避けること
  • やけどに気をつけること
  • 濃い色の布ナプキンと薄い色の布ナプキンを一緒に煮るのは避けた方が良い
  • シルク布ナプキンは生地が傷むので禁止。防水布入り布ナプキンも防水機能が失われるので禁止です。
  • プラスチックスナップの付いている布ナプキンも煮洗いは禁止です。


 
1.   5リットルに大さじ1の目安で粉石けんを入れます。
※水からよリもお湯の方が粉石けんは溶けやすいので、鍋の水を温めてから入れてください。

2.  酸素系漂白剤は粉石けんより多めに入れます(5リットルに大さじ2〜)

3.  菜箸やトングで混ぜ、よく溶かします。

4.  布ナプキンを鍋に入れ、蓋をして弱火で10分ほど煮ます。
(吹きこぼれやすいので気を付けてください。
10分後、落ちきってないようなら時間を延ばしてみてください)

5.  火を止めさらに10分ほど浸けておくと効果的です。


6.  鍋から取り出し、流水で軽く濯ぎます。(※火傷注意です)
その後、洗濯機に入れ、いつものように洗い→すすぎ(2回)→脱水し、干せばOKです。

※煮洗いは高温で生地を煮て汚れを落とす洗い方であり、生地を傷める可能性があります。
ご自身の責任の上、行ってくださいますようお願い申し上げます。




 
☆布ナプキン使用のその他注意点(血液媒介感染症など)

とても身体に心地良い布ナプキンですが、血液を触れる機会が増えることで、
注意して頂きたいこともあります。
特に、肝炎など感染症をお持ちの可能性のある方は
医師の指導のもと、ご自分の血液がご家族の方々に触れることがないようご注意下さい。

『血液媒介性感染症』には、C型肝炎、B型肝炎、HIVなどがあります。
これらの病気は、ご出産された方ならば、妊娠中に血液検査をされていますので、
医師から何も告げられていなければ、ひとまず安心と思われます。
ただ、ご本人が知らないうちに感染してしまっているケースが、まったくないとはいえませんので
よく分からない方、ご心配な方は検査を受けてから布ナプキンの使用、不使用の判断をお願いいたします。
 
また、ないかとは思いますが、上記のような感染症がなかったとしても
母娘や姉妹間での共用も決してなさらないでください。
しっかり洗ってあっても、です。

 
☆momoなぷの保管方法について

コンパクトに畳んで持ち歩くことが出来る布ナプキンですが
momoなぷの一体型は、装着時のフィット感重視のため
スナップの間隔が狭めの構造となっています。
そのため、厚みのある一体型を小さく畳むと、スナップ部分の生地に引っ張られる力が、どうしても強くかかってしまいます。



出かける際の短時間でしたら良いのですが
長い保管期間をスナップ近辺の生地に力がかかっていると
そこから生地の痛みが早まってしまう可能性がありますので
momoなぷは「広げて保管」あるいは「ウイングのみを畳んで保管」してくださいませ。
 


※ホルダーやプレーンなどは小さく畳んでの収納可です。